学生がお金借りるなら

学生がお金借りるなら方法はさまざまですが、緊急性が高い場合におすすめなのが消費者金融カードローンです。

 

例えば、

  • 今すぐお金を借りたい!
  • 今日中にお金が必要!
  • 即日で資金調達したい!
  • 1秒でも早く即金を手にしたい!

このような緊急性を要する場合でも強い味方になってくれるのがカードローンで、最短30分審査、最短1時間融資も可能になります。

 

当サイト【お金借りる学生】では、学生のための消費者金融カードローンをご紹介ししています。

 

消費者金融と聞いてもパッとしない方や、イメージを悪く持たれている方、胡散臭く感じている方も少なくないと思いますが、消費者金融カードローンは即日融資に特化していますので、特に緊急を要する場合に便利になります。

 

カードローンでキャッシングする、消費者金融でお金を借りる、冷静に考えると不安になったり拒絶反応を起こしてしまう方もいると思いますが、当サイトで紹介する消費者金融は、銀行の傘下で法律(貸金業法)に則って運営している正規の大手消費者金融なのでご安心ください。

 

当サイトでは、テレビCMでもよく見かける知名度のある安心安全にお金を借りれるカードローンのみをご紹介します。

 

ちなみにですが、消費者金融カードローンの申込み対象は、

  • 20歳以上の方
  • 安定収入がある方

になりますので、20歳未満の方やアルバイトなどで安定収入がない場合は申込み対象外となってしまいますのでご注意ください。あくまでも、20歳以上で安定収入がある方のみ利用可能なカードローンになります。

 

20歳以上でアルバイト収入がある方は、当サイトで紹介するカードローンを利用することができます。必要書類も基本的には「本人確認書類」のみで、はじめてお金を借りると言う場合は「30日間金利0円」の無利息期間もありますので、銀行よりもお得にお金を借りれます。

 

銀行カードローンは審査が厳しく必要書類の量も多く、学生の場合は審査通過率は低くなりますが、以下の消費者金融でしたら学生の方でも即日融資が可能となります。

 

学生の方で今すぐお金を借りたいと言う方は、お持ちのスマホやパソコンからお気軽にお申込みください!審査が心配な方も3秒診断ですぐに結果が出ますのでぜひお試しください。

 

>>学生でもお金借りることができるカードローンはこちら

 

学生がお金借りるなら即日融資対応の消費者金融カードローン

学生の方がお金を借りるなら「即日融資」に対応した消費者金融カードローンをおすすめします。大学生になり20歳を超えて成人を迎えると「飲み会」などの友達との付き合いの場が増えますので、どうしてもお金が必要になる場合があります。

 

また、友達との飲み会以外でも合コンやサークル活動での打ち上げ、彼女とのデート、友達たちと旅行に行ったりするときにお金が必要になりますよね。そんな時でも自由にお金を借りることができるのがカードローンになります。

 

また、急にコンパに誘われたけど参加するためのお金がないと言う学生の方も居ると思いますが、そんな緊急事態のときでも柔軟に対応して、今すぐお金が必要と言うニーズにも対応しているのが即日で即金を手にすることができる消費者金融カードローンです。

 

学生が即日でお金を借りる方法

学生の場合お金を借りる方法は全部で4パターンあります。

  • 親にお金を借りる
  • 奨学金でお金を借りる
  • クレジットカードでお金を借りる
  • 消費者金融カードローンでお金を借りる

学生の方がお金を借りる方法は上記4つが基本となります。親にお金を借りることができる人は何も悩むことはないと思いますが、親にお金を借りることができない場合は、奨学金かクレジットカードのキャッシング枠か、消費者金融カードローンでお金を借りるかのいずれかの方法になります。

 

この中でも即日融資に対応しているのがカードローンになります。今現在、クレジットカードをお持ちの方でキャッシング枠が付いている場合であれば、それを利用した方が早いですが、キャッシング枠がない場合はカードローンがおすすめになります。

 

お金を借りたいときは急に訪れるもので、明日でもなければ1ヶ月後ではありません。お金が必要なときって今すぐ訪れるものですよね?そんな時だからこそ今すぐに対応しているカードローンが強い味方になってくれるのです。

 

学生が即日お金を借りるための4つのポイントをまとめましたのでチェックしてみてください。

 

①消費者金融カードローンを選ぶこと

学生が即日お金を借りたい場合は銀行カードローンではなく奨学金でもなく、クレジットカードでもなく消費者金融カードローンを選ぶことです。消費者金融はスピード審査に対応しており、最短30分審査、最短1時間融資なので即金を手にする成功率が圧倒的に高くなります。とにかく急いでいると言う学生は消費者金融カードローンを選ぶようにしてください。

 

②20万円以下の申込みがベスト

消費者金融でお金を借りる場合は50万円以下の借入なら収入証明書類の提出が原則不要になります。つまり、運転免許証か健康保険証のいずれかの本人確認書類があれば審査対象となります。

 

また、はじめて消費者金融カードローンを利用する場合は、限度額50万円に設定される場合がほとんどですが、学生の場合はアルバイト収入が基本になりますので、MAX50万円で申込みするよりも少し低めの20万円以内で申込をした方が審査に通りやすくなります。

 

そのため、確実に即金をてしたいのであれば少なめの申込金額に設定しておきましょう。

 

③午前中にネット申込みする

お手持ちの銀行口座に振込みキャッシングしたい場合は、午前中にネット申込みを済ませて午後14時頃までに審査完了しておくようにしましょう。振込みキャッシングで即日お金を借りたい場合は、銀行の営業時間である15時までに契約完了して振込手続きを済ませておく必要があります。

 

万が一、14時頃までの審査完了、契約完了が間に合わないと言う場合は以下の自動契約機を活用する方法をおすすめします。

 

④自動契約機を利用する

午前中にネット申込みできない場合や、審査が長引いて銀行の営業時間内に振込み手続きができないと言う場合は、全国各地に設置されている自動契約機を利用するようにしましょう。

 

ネット申込みで審査が完了しましたら、最寄りの自動契約機へ行って契約手続きを行います。するとその場でローンカードを発行してもらえますので、併設されているATMでお金を引き出すか、コンビニATMで出金すれば即日お金を借りることができます。

学生の方が即日お金を借りるためのポイントは、「申込金額をなるべく低めにする」と言う点になります。例えば、アルバイト収入が年間90万円の場合は総量規制の問題で30万円が借入限度額になりますので、それ以下で申しむのが審査通過の鍵となります。

 

お金を借りる限度額は総量規制で決まる

学生の方が実際にどれぐらいのお金を借りることができるのか気になりますよね?学生に限らず消費者金融でお金を借りる場合は「総量規制」によってそれぞれの借入限度額が決まります。

 

カードローンの借入限度額は、カードローン利用者の現時点での「返済能力」を表す数値でもあり、その限度額内であれば何度でもお金を借りることができます。

 

総量規制とは?

学生がお金を借りるなら、貸金業法の一つである総量規制について把握しておきましょう。

 

総量規制とは、2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行された後に新たに制定された貸金業法の一つで、借入限度額を明確にするための法律になります。この総量規制によって、借入限度額が「年収の3分の1以下」と決められます。

 

例えばですが、年収300万円の人であれば100万円が借入限度額と言うことです。つまり、学生の方の年間アルバイト収入が90万円なら30万円が借入限度額と言うことです。

 

この総量規制には除外項目と例外広告があり、自動車ローンや住宅ローンに関しては総量規制の対象から除外されており、借り換えや繋ぎ融資は例外となります。


総量規制の対象となるのは、貸金業法で規制されている「貸金業者(消費者金融・カード会社・信販会社)」による個人向け融資になります。ちなみに銀行カードローンの場合は銀行法に基づいて運営しているため総量規制の対象外となります。

 

学生でもお金を借りることは可能?

学生でもお金を借りることは可能です。条件は「20歳以上」「安定収入があること」になりますので、20歳以上の大学生の方でアルバイト収入があれば学生の方でも消費者金融カードローンでお金を借入することができます。

 

大学生になるとサークル活動や合コンなどの飲み会、彼女とのデートで急にお金が必要になるときがあると思いますが、そんな時に強い味方になってくれるのが即日融資可能な消費者金融カードローンです。学生の場合は収入が少ないので、借入限度額は低くなりますが一度審査に通ると何度でも繰り返しお金を借りることができるのがメリットになります。

 

18歳以上の学生はクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

学生専用カードローンのキャッシング枠を利用すれば、審査なしでお金を借りることができますね。ただし、キャッシング機能が付いていない場合もあるので事前にサポートセンターへ確認しておきましょう。

 

奨学金制度を利用してお金を借りることも可能

学生の方は「奨学金制度」を利用してお金を借りることができます。ただし、親に相談する必要があるので内緒でお金を借りることができません。そのため、奨学金を借りる場合は、しっかりと両親に相談してからにしましょう。

 

数ある奨学金制度の中でもよく利用されているのが「日本学生支援機構(JASSO)」で、利息の付かない第一種奨学金と利息が付く第二種奨学金があります。これらと合わせて入学一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金があります。詳しくは公式ホームページでご確認ください。

 

JASSO: 独立行政法人日本学生支援機構

 

学生ローンを利用してお金を借りる

学生ローンを利用してお金を借りることも可能ですが、学生ローンを利用する場合は20歳以上であることと安定収入が必要になります。また、審査もありますので審査に通過しないとお金を借りることができません。学生ローンの種類は以下になります。

  • イーキャンパス
  • トーエイ
  • カレッヂ
  • アミーゴ
  • アイシーローン
  • フレンド田
  • 友林堂
  • マルイ

 

高校生はお金を借りれない?

高校生がお金を借りる方法は「親に借りる」の一択になります。残念ながら18歳以下の高校生が金融機関や貸金業者からお金を借りる方法はありません。もし、高校生でもお金を貸付している業者があれば、それは完全に闇金などの違法業者になります。

 

高校生でも友達付き合いや彼女とのデートでお金が必要になるときがあると思いますが、親や兄弟に相談してお金を借りるようにしましょう。高校生は学校にもよりますがアルバイトOKなので、一生懸命働いてバイト代の範囲内で遊ぶようにしてください。

 

また、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリで不用品を転売したりして資金調達するようにしましょう。