20歳未満の学生がお金を借りるなら奨学金

20歳未満の学生がお金を借りる理由は学費以外にもありますが、基本的に消費者金融会社のキャッシングは利用が不可能です。他の方法は教育ローンがありますが親権者が申し込みをするため、本人が自分自身で何とかしたいと考えるなら奨学金を利用すると卒業後に返済ができて便利です。お金を借りる時は親などに頼らずに自分自身で何とかしたいと考える学生も多く、奨学金を利用すると働いて収入を確保してから返せるため安心できます。

 

奨学金とは?種類や奨学金制度について

奨学金は学生が学費を借りるために利用でき、日本学生支援機構や大学が運営していることが特徴です。種類は給付型と貸与型があり、給付型は返済不要ですが応募条件が厳しくて貸与型は返済が必要で無利息と利息付きの2つのタイプがあります。基本的に多くの学生が利用しているものは貸与型の題2種で、金利がありますが年間最大で3%と設定されカードローンより安いことが特徴です。

 

借入額は学生自身で返済するため事前に計算し、学生生活をするために学費と合わせて必要な金額を把握する必要があります。奨学金制度は大学が運営するものもありますが人数に限りがあるため条件は厳しく、成績が良いことや勉強に対する取り組み方が良いなど条件を確認して申し込むことが大事です。

 

教育ローンと奨学金の違いとは?

教育ローンは日本政策金融公庫が行い、子供の人数に応じた世帯収入の条件や対象になる学校の条件を満たすと借りれます。奨学金との違いはいつでも申込みができ、基本的に親が借りて一括貸与を行うことです。

 

国の教育ローンは固定金利で年利が1.76%で最大借入額は350万円になり、奨学金と違って学費以外の目的でも利用できます。他にも銀行などの金融機関の教育ローンもありますが、利用可能額が高くて金利が若干上がりますが、返済を自由にできることや支払い済みでも借りれることが特徴です。

 

基本的に奨学金は教育ローンと比べると様々な種類がありますが本人が借りて貸与型の場合は卒業後に自分自身で返せ、在学期間中は返済がないことです。

 

奨学金のメリットとデメリット

奨学金は基本的に生活に困窮している学生を対象にするため、メリットもあればデメリットもあります。メリットは他のローンより金利が低く、経済的な負担を減らせることや付与型であれば学費の全額支給が受けられて卒業後に返済する義務がないことです。

 

デメリットは卒業後に長期間の返済があることで、学費が高いと今後の生活に影響を及ぼすため不安になります。無利息型や給付型の奨学金は申請者が多く審査に通らない可能性もあり、家庭の経済状況が悪くないと対象外になるため注意が必要です。